2010年12月2日木曜日

色鮮やか。

トンネルを抜けると、そこは、雪国だった。川端康成のこの情景は、冬に東京から富山に帰る途中、新潟の峠のあたりで体験するのですが、今回は、

トンネルを抜けると、そこは、

目の冴えるような、鮮やかな紅葉だった・・・。

真っ暗な中から見る紅葉は、太陽の光を吸収して、本当に、別世界。こんな紅葉の見方もいいですね。
写真は、奥多摩です。

1 件のコメント:

海谷一郎 さんのコメント...

紅葉狩りとはいいですネ。

僕は本格的(?)な紅葉狩りってやったことないので、ちょっと憧れます。

紅葉だけをみることを目的に小旅行なんて素敵ですネ。